読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

Book/Magazine

給料日前なのに

無駄遣い...マイケル・セラのために洋雑誌購入。Rolling Stone [US] August 19,2010 (単号)出版社/メーカー: Wenner Media発売日: 2010/08/17メディア: 雑誌 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る相方に「ちょっと前のローリングストーンにインタ…

白と黒と

市川春子の単行本。アフタヌーンで読み切りを読んで以来、ずっと気になっていた作家さん。高野文子直系というか、私が通って来たものと近い匂いがする。ただ、高野文子とは描きたい方向性はちょっと違うっぽい。もっとダークだし直接的だし。とりあえずこの…

ストライク!

ちょ、森薫の新刊ってば、題材がシルクロード! この人はどんだけ私のツボを突いてくるのだ! ...まあ、私は『エマ』、途中で挫折したけどさ...(なんかもう耐えられなくなった。なんとなく)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)作者: 森薫出版社/メーカー: エンター…

ご新規

昨日、髪を切ってもらいながら担当さんに薦められた雑誌。Elle a table (エル・ア・ターブル) 2009年 11月号 [雑誌]出版社/メーカー: アシェット婦人画報社発売日: 2009/10/01メディア: 雑誌この商品を含むブログ (3件) を見る料理男子となった担当さん、愛…

財布痛い

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)作者: ツジトモ,綱本将也出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/04/23メディア: コミック購入: 8人 クリック: 235回この商品を含むブログ (317件) を見る なんとなく時間つぶしのつもりで手に取った『GIANT KILLING』が面白く…

変革可能か

とりあえず、あまりにあんまりにも自分のアメリカに対する知識が曖昧なので。入門篇として手に取ってみました。オバマ・ショック (集英社新書 477A)作者: 越智道雄,町山智浩出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/01/16メディア: 新書購入: 132人 クリック: 2…

聖夜なのに

世の中はクリスマスということで浮き足立っているのにも関わらず、仕事終わっていそいそと向かったのは本屋で、買ったのが漫画って...。でもいいんだもーんだ。 そんなこんなで、すっかり年1回のお楽しみ状態ですが、やはり『大奥』は面白いなー。大奥 第4…

そしてパレードは続く

船を建てる 上作者: 鈴木志保出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2007/08/16メディア: コミック購入: 3人 クリック: 81回この商品を含むブログ (90件) を見る 船を建てる 下作者: 鈴木志保出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2007/09/14メディア: コミック購入…

オリエンタルの風

ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)作者: 岩明均出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/10/22メディア: コミック購入: 11人 クリック: 136回この商品を含むブログ (283件) を見る とりあえずむちゃくちゃヒマだったので、逡巡した結果、岩明均『ヒストリエ』を遂…

コミュニケーションブレイクダンス

出た! おおきく振りかぶって(11) (アフタヌーンKC)作者: ひぐちアサ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/10/23メディア: コミック購入: 10人 クリック: 42回この商品を含むブログ (199件) を見る ...なんかもう、これを読むのが、ここ数ヶ月のココロの支え…

待ちくたびれ

おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)作者: ひぐちアサ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/05/23メディア: コミック購入: 12人 クリック: 102回この商品を含むブログ (245件) を見る...待ってたよぅ。読めて幸せです。表紙がいいなぁ...! この巻で崎…

 潜る!

色々メディアで目にしたり、 周囲からも薦められることの多かった 『ハチワンダイバー』を読みました。 超! 面白い! とりあえず、最初マンガ喫茶で試し読みしたんですが。 思わず声を出して笑う→既刊オトナ買い。 やー、良いです。楽しい! 9×9=81(ハチ…

与え合う喜び

昨年末に、見事、二次元オタクの血が完全に再発し。 以前からちらちらと評判を目にしておりながらも、 ずっと、どーしても“ある一点”において手が出なかった作品に ついに手を出してみました。 び、BLモノ、雁須磨子とかわかみじゅんこ関連以外で初めて買っ…

cheers!

かわかみじゅんこの新刊が、 年末から立て続けでファンとしては嬉しい限り。 一時は熱心に掲載誌までおいかけてたけれど、 もうめっきり...だったので余計に。軽薄と水色作者: かわかみじゅんこ出版社/メーカー: 宙出版発売日: 2007/12メディア: コミック購…

No Country For Old Men

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)作者: コーマック・マッカーシー,黒原敏行出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2007/08/28メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 182回この商品を含むブログ (119件) を見るすでにアメリカでは話題になってる、コーエン兄弟の新作…

自意識過剰は卒業できない

書店で、『CUT』最新号の“歴史的インディーズ映画50"を立ち読み。 Cut (カット) 2007年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: ロッキング・オン発売日: 2007/05/19メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (27件) を見る 記事自体は、どこかの…

力ある活字

なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉作者: 坂口安吾出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2006/10/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (17件) を見る こんな本が出てました。 書店でパラ見しましたが、 坂口安吾のさまざま…

遅れ過ぎな気が

メガネマガジン (エンターブレインムック)出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2006/10/02メディア: ムック クリック: 2回この商品を含むブログ (16件) を見る アマゾンでは、まだ表1が出てませんが。 “メガネ男子”雑誌(ムック?)。 →版元HP 書店で…

読書の秋

またも備忘録&現在進行中物件。 買おうと思ってる 恋と退屈作者: 峯田和伸出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2006/09/27メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 23回この商品を含むブログ (67件) を見る 銀杏の峯田君、例のブログが本にまとまったもの。 …

気分を反映

蒼い時作者: エドワードゴーリー,Edward Gorey,柴田元幸出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2001/10メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 4回この商品を含むブログ (14件) を見る 自分内エドワード・ゴーリー熱高まる。 なんだか、今の気分にぴったり合っ…

一大絵巻を繰る

狂風記(上) (狂風記) (集英社文庫)作者: 石川淳出版社/メーカー: 集英社発売日: 1985/01/18メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 63回この商品を含むブログ (8件) を見る 今、夢中になっている一冊。 高校生の時に読んだのだけど、 「怒涛の伝奇モノ」だったよ…

そうだ、行こう。

TITLe (タイトル) 2006年 10月号 [雑誌]出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/08/26メディア: 雑誌 クリック: 6回この商品を含むブログ (27件) を見る 岸田君とタモさん対談目当てで購入(笑。 まだ、ざっとしか目を通してないけれど、面白そう。 ふたりと…

ある意味中毒

最近、なんでもアマゾンで済ませてしまうことが多くて 本屋もCD屋も、ちゃんと見て回ることがグッと減ってしまいました。 ので、今日のお昼休みは、ちょこっと本屋を覗いてみて。 で、目に付いた本、いくつかメモメモ。 結婚 (あたらしい教科書 5)作者: 板本…

きゃらもの

H (エイチ) 2006年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: ロッキング・オン発売日: 2006/05/31メディア: 雑誌 クリック: 2回この商品を含むブログ (15件) を見る みうらじゅんのゆるキャラ記事目当てで。 (テレ東の『テレビチャンピオン』、面白かったなぁ) タイ…

瞬間風速

伝言レシピ (クウネルの本)作者: 高橋みどり出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2006/03/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 57回この商品を含むブログ (89件) を見る 驚異的に美味しそうすぎる。 すべてが! クウネルって、こんな連載あったっけ?…

 世界の終わり

アトモスフィア (2) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)作者: 西島大介出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/04メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 37回この商品を含むブログ (133件) を見る 某所で、 「結末は結構意外らしい」という情報を目にしては…

自意識喪失

この日記ののち、 数日間で一気に既刊を揃えた西島大介氏の作品。 (感想は、完全にタイミングを逃して書けませんでした…) 新刊が出たので、嬉々として。 アトモスフィア〈1〉 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)作者: 西島大介出版社/メーカー: 早川書房…

ふらふらと

“『BRUTUS』には惑わされない”を心に決めて幾星霜。 最新号の動物園特集には、かーなーり、ふらふらしましたよ(笑)。 でも、そこをグッと我慢して、 音楽雑誌売り場に足を運んだら、今度は『SNOOZER』だっ! snoozer (スヌーザー) 2006年 04月号出版社/メ…

ドリーム全開

ちょっと前に話題になった本ですが。 私も、書店で見かけるたびに「買おう、買おう」と思いつつ。 でもって、第2弾も発売になってまとめて購入。 プチグラが出した“あたらしい教科書シリーズ”。 雑貨 (あたらしい教科書 1)作者: 岡尾美代子,塚本太朗,小柳帝,…

至極単純

金井美恵子の『文章教室』を ここのところずっと読んでました。 大雑把に内容を言うと、 普通の主婦が、タイトル通り文章教室に通うお話。 その主婦を取り巻く人たちそれぞれの、人間模様。 文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)作者: 金井美恵子出版社/メ…

やめられないとまらない。

今現在、ポール・オースターの 『最後の物たちの国で』を読書中。 とてもとても面白くて、 途中でどうにも止められなくて、 夕べ、あやうく逆上せかけ……(お風呂につかりながら読んでたので)。 久しぶりに、ちょっとメモしておきたい一文に出会ったりもした…

 測定不能の重量

この数日間ずっと読んでいた、 ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』、読了。 いやはや、面白かったです。 月並みな感想だけど、なんというか、色々考えさせられました…。 あの人にとって、私の存在価値ってどのくらい? 私にとって、あの人の存在…

欠落を埋めるもの

村上春樹の最新短編集、『東京奇譚集』を読みました。 短編ということもあり、なかなか、スラスラと。 書き下ろしの『品川猿』が、ある意味一番“春樹っぽい”作品だったかなぁ。 色々な設定とか、キャラクター造詣的なところとか。 今回は、全遍にわたって 「…

縁あって

今日は午後から雨って天気予報が言ってたので バイク乗らなかったのに、 なんだかギリギリで持ちそうな雰囲気……。 うわーん、乗ればよかった!!! 1週間とか乗らないと、身体が忘れそうで怖いのよ…(苦笑)。 <閑話休題> 『負け犬の遠吠え』作者、酒井順…

電車の男

最近、お肌の調子もあまりよろしくないので 夕べは「早く寝るぞー!」と、 0時前(!)に横になったはいいけれど、全然眠れなくて、 結局ごろごろごろごろと、朝方まで(3時過ぎくらい?)まで ひたすら寝返り打って過ごしました。 ネムー。 今日はバイクで…

成功者よ 書を捨てよ街に出よう

本日、耳鼻科に行ったところ、 待合室にちょっと前、創刊時に話題になった 40代セレブ男性(高収入成功者)向けファッション誌『UOMO』(http://uomo.shueisha.co.jp)が あったので、今更ながら手にとってみた。 一応、『LEON』同様、理想のモデル・ケースは…

典雅なる世界の中心

そんなこんなで、久しぶりに読書欲が高まっている今日この頃、 書店でマイケル・ギルモアの『心臓を貫かれて』を購入。 以前から興味はあったのだけど、その厚さからちょっと躊躇っていたのですが せっかくの機会ですから! 読み始めましたが、なかなかいい…

ちくちく。

永遠の出口作者: 森絵都出版社/メーカー: 集英社発売日: 2003/03/26メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (98件) を見る何かの書評で取り上げられていたのをみて、 本日購入&読了。 ちくちくと、胸の奥を突つかれる感覚。 ひとりの少女の、…

甘い夢なんて捨てるが勝ち?

南の方に出来た台風の影響を受けた低気圧のせいで(長い) 今日は生暖かい強風が吹く、夏日でございました。 12月に24℃。 うーん、やはり異常気象……。 今年は「観測史上初」が連発しすぎです。やれやれ。 本日は読書の日。 読もう読もうと思っていた『負け犬…

ふわふわときらきらと

白のふわふわ―9 clouds of Yamana world (Beam comix)作者: 山名沢湖出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2004/11/25メディア: コミック購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (77件) を見る 山名沢湖の『白のふわふわ』を読む。 いやーん、好…

気分だけならタダ

PCでネットサーフィンに興じていたら、 テレビからとても耳に馴染んだ音楽が……。 「ラウ゛ィ!」 ……『きみ死ね』のCMでした(笑)。 今日は、ちょっと優雅な気分?で ソニア・パークの本を片手に、 街はずれに出来た新しいカフェーでお茶。 “フロマージュの…

コードネームはペンギン

ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)作者: アンドレイ・クルコフ,沼野恭子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/09/29メディア: ペーパーバック購入: 2人 クリック: 68回この商品を含むブログ (152件) を見る この土日は、この本を読んでいました。 以…

桃源郷に生きてみたい

西瓜糖の日々 (河出文庫)作者: リチャードブローティガン,Richard Brautigan,藤本和子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2003/07メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 41回この商品を含むブログ (137件) を見る ここ数日で、ブローティガンを2冊読了。 作…

積だり重ねたりしたら若さに勝てるのか!?

いやー、すごい。 何が凄いって、『NIKITA』ですよ。 もう、色んなブログなどで話題になっていますけどね。 ジローラモを起用してイタリアの男性をお手本に “モテるちょい不良(ワル)オヤジ製造”雑誌を謳った、 あの男性ファッション誌『LEON』の女性版でご…

キナ臭い別世界の現実味。

そんなこんなで、今日読んでいたのはこの作品。 『グラスホッパー』伊坂幸太郎 指の痛みが、時々、登場人物たちの痛みとリンクしたりして。 ……ミステリなので、未読の方はこの日記は読まないで下さいね。 気をつけますけど、ネタばれしてるかもしれないし。 …

遭遇と経過。

昼間、 「今日は村上春樹の新刊の発売日ですが、買って帰れるかわかりません〜」 といった内容の日記を書いたのですが。 サーバー不具合で、見事消滅!!! ……ま、書き直すほどの内容でもなく、無視。 そして、思いがけず仕事がさくさく進んだので、 帰りに…

蛇足よりは不足の美

舞城王太郎の新刊、『好き好き大好き超愛してる。』を読み始めました。 この作品は、こないだの芥川賞候補にもあがったものですが。 噂によると、舞城氏が『世界の中心で、愛をさけぶ』に対抗して書いたとかなんとか? (ほんとに、単なる噂かもですけど……)…

だらだらし通し

……の、連休でした。 とりあえず、吉田修一を読了。 ちなみに、今話題の(?)『東京湾景』ではございません(笑)。 芥川賞を獲った『パーク・ライフ』と迷ったのですが、 タイトルが気に入った『最後の息子』を。 で、数日前に「ちょっと軽いかも?」と書い…

暑すぎる連休。

しかし、暑い。 この連休は、読書の日々。 以前話題にした舞城王太郎の『暗闇の中で子供』は、 前作『煙か土か食い物』のサクサク具合と相反して、なかなか進みません。 なぜなら、それは、かーなーりグロいからだー。 おまけに、私はやはり、語り部たる主役…

因縁なのだ。

なんて暇な土曜日なんだ! 昨日買った、海野つなみ『回転銀河』は完全にツボに入った。じわじわじわじわ。誰が何と言おうと、私は少女漫画が好きだ。どうせ二次元オタだよ。そんなこんなで、海野の他作品を探しに書店に出かけるが、見事に在庫はナシ。やはり…