日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。


“解ろう”なんて努力もしたことないクセに。
たまに、ふと、我を出した私を前に
「キミのこと、全然解らない」
なんて。
簡単に言うなよ。