日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

ドンドンドン!ベタベッタ

最近、ツタヤの「DISCAS」というDVD配送レンタルサービスを使い始めました。

「観たいかな」と思っているタイトルを20枚ほど登録しておき、

空きが出ると2枚ずつ送ってくれるのです。

(新作とかはまた特別料金かかるのだけどね……)

私が申し込んでるのは月4枚まで送ってくれるコース。

返却期限がないので、本当に時間がある時に観れるので楽チンです。

(返却は、送られてきた封筒に入れなおしてポストへ)

とにかく『たくさん候補を登録しておいて』とシステムから言われるので

「ちょっと面白そう」と思いつつも、なかなかレンタルまで踏み切れない

アメリカンB級コメディとかもリスト入りにしてたりします。

でもって、最近送られてきて観た2本。

どっちも、日本では劇場公開の無かった、俗に言う「ビデオ・ストレート作品」です。


ゾルタン★星人 (初回限定生産) [DVD]

ゾルタン★星人 (初回限定生産) [DVD]

ホット・チック [DVD]

ホット・チック [DVD]



いやー、どちらもとてもくだらなくもありつつ、結構楽しめました(笑)。



『ゾルタン★星人』は、

ダメ男ふたり組の、失くしてしまった前夜の記憶を巡ってのドタバタSF風味コメディ。

もう、まさにべたべたなアメリカンB級コメディですが、

「本気でこれが面白い」と思って作られてるわけでもなさそうで、

“こういうバカなヤツらっているよねー。こんなこと起きたらおかしいかも?”的な

計算がちゃんと垣間見れるので、すんなり面白く観れました。

「中身のないくだらなさ」を、計算ずくで自虐気味に見せてる、というか。

でもまあ、合わない人はとことん合わないだろうけど(笑)。





『ホット・チック』は、

皆がうらやむ学園のアイドル的完璧女子高生(だけどちょっと調子乗りすぎ気味?)が

ある日、冴えない中年のオッサンと身体と心が入れ替わってしまう……という

結構ありがちな設定。

主演&脚本のオッサン、ロブ・シュナイダーの“女子高生演技”が素晴らしい!(笑)

ティーン向けコメディですけど、さすがブエナ配給作品だけあって

女の子同士の友情や、家族愛的なホロリとさせる部分も盛り込みつつ、

“女の子ってスペシャルだよね!”というテーマもしっかりあって

ちゃんとできてる作品でした。







確かに、中にはほんっとに「全然笑えないよー」という

超絶ベタベタ・ギャグ映画もありますけど、

たまにはこういう掘出しモノもあるものです。

でもまあ、確かに劇場では観ないだろうけど(笑)。

    • >