日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

コミュニケーションブレイクダンス

出た!

おおきく振りかぶって(11) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(11) (アフタヌーンKC)


...なんかもう、これを読むのが、ここ数ヶ月のココロの支えでした...(私ってなんて寂しい人間)。にしても、私の「おおふり」熱も一時の“二次元萌え”的な部分からだいぶ乖離してきた(気がする!)ので、今回のタグは[Moe]じゃなくしてみました。なんだかなぁ。
この刊は終盤に5回戦、美丞戦が始まったとはいえ、ちょっと和やかな刊ですね。まさに嵐の前のなんとやら。チームは順調に勝ち上がっている西浦...だが、バッテリーの問題がいよいよ浮き彫りに...! 一部は、その不自然さに気づきつつあり、当の本人達はお互いに自分のことで必死。まさにコミュニケーションブレイクバッテリー*1。その危うさは、“研究しよう”と外からちゃんと見れば簡単に見破られるもので。さあ、どうなる...!!! 私はこの美丞戦の途中から本誌をチェックしはじめたので結果は知ってしまってる故に、色々と感じる部分も有り。にしても、美丞戦は、できれば単行本で一気読みしたいなぁ。全部出せるくらい話数はたまってるのだから、一息に3巻くらいまとめて出してくれないものか。そんな望みは贅沢か。思えば、私は桐青戦を単行本一気読みできたので、幸せだったのかもしれないなぁ(一気読みした故に、“なんて面白い!”ってハマったわけだし)。あの試合をじわじわと半年に1刊とかのペースでじらされてたら泣きそうになってたかも...。うーん、今後続刊、どうしよう。...まあ、そんなことはおいといて。相変わらず三橋は可愛かったです。そして、三橋も群馬名物“焼きまんじゅう”が大好きなようで思わず笑み。美味しいよねぇ...! 私の周囲の他県の人には賛否両論だったんですけど*2。まさに群馬県人のソウルフードだ! 私も久々に食べたくなったよ...

*1:このネタのMADがニコ動にあったのだけど、消えてしまって残念

*2:否の意見としては、あのパサパサしたまんじゅうがダメ、というものが多かったなぁ