日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

欠落を埋めるもの

東京奇譚集

村上春樹の最新短編集、『東京奇譚集』を読みました。

短編ということもあり、なかなか、スラスラと。

書き下ろしの『品川猿』が、ある意味一番“春樹っぽい”作品だったかなぁ。

色々な設定とか、キャラクター造詣的なところとか。



今回は、全遍にわたって

「肉親との愛情関係を上手く築いてこれなかった人たち」を巡る物語、といった印象。

“根本部分”がどこか欠落してしまった人たち?

主人公たちはそれぞれ、そんな現実を自覚しつつ、

そんな自分の中の欠落と折り合いをつけつつ、日々を生きている…。



私自身は、肉親とはそれなりに愛し愛されて生きてきていると思うので、

(とか思ったけど、このエントリと大きく矛盾することにあとから思い当たってみた/苦笑)

そういう部分での共感、みたいなものは薄くて。

いつも私は、春樹の登場人物たちに過剰に感情移入して読んでしまうのだけど、

今回は結構、フラットに読めたかなぁ。

(あ、前回の『アフターダーク』もあまり感情移入はしなかったけれど)

まあ、秋の始まりには丁度良いトーンと濃さの作品だったような気がします。





物語とは乖離した部分で、「肝臓石」の中に出てきた

職業とは本来、愛の行為であるべき



というフレーズは、ちょっと耳が痛かった(笑)。

そりゃあ、そうあれればとても幸せなのだろうけど…。

現実と理想。

なかなか難しい。







今は、リチャード・フラナガンの『グールド魚類画帖』を攻略中。

グールド魚類画帖

いやもう、まさに“攻略”って感じで、物語に挑んでます…。

面白いのだけど、普段の私の“読み方”ではツラくて、

気を抜くと、ちょっとどうにも混乱してきてしまって。

でも色々、感覚や想像を刺激されるので、結構満喫しています。

読み終わった時、感想とか書けるかなぁ…。