日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

至極単純

金井美恵子の『文章教室』を
ここのところずっと読んでました。
大雑把に内容を言うと、
普通の主婦が、タイトル通り文章教室に通うお話。
その主婦を取り巻く人たちそれぞれの、人間模様。


文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)

文章教室 (河出文庫―文芸コレクション)



いやもう、苦々しく痛々しく。
なんていうか、身に覚えがある瞬間が多くて、身悶え。
主要登場人物たちの“ダメなところ”が、
自分で自覚してる、自分自身のダメなところに
がしがし重なってくるのですよ。
でも、だからこそ、とっても面白くて、
微妙〜な気分になりながら、読了。


中途半端に自意識ばっかり高くって。
どこまでも、自分本位な思考回路を持って。
どこまでも、視野が狭く、でも非現実方面には広大な視界。
なんとなーく、それっぽい会話をしてみたり。
なんとなーく、感情だけで流されてみたり。
打算やら駆引きやら妥協やら、何やら。


たぶん私だけじゃなくて、きっと誰もが持ってるダメな部分。
そんな部分を、ほんのちょっとの、でも確かな悪意でもってデフォルメ。
そこに作者の愛情なんてあるのかい?
少なくとも、私には感じられなかったけれど(苦笑)。
だからかなり、金井美恵子という人は辛辣な人なんだろうなぁ。
でも、私は好きだ。うん。


加えて、ついでに。
とても単純な私としては、
「言葉を綴ること」ということに対して、
私自身、改めて考えさせられてしまいました。
うーん、私は全然知識と技術が足りてないなぁ。
もっと色々吸収したい…。まだ間に合うかしらん。