日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

ゆるゆるでハイ

スモーキング・ハイ [DVD]

スモーキング・ハイ [DVD]

アパトー組のコメディ、“PINEAPPLE EXPESS”もDVDスルー。ということで、観ました。
とりあえず、この作品はマリファナネタなので、公開されないだろうなとは思っていたので。今、日本でもマリファナ関係は摘発激しいですしね...おおっぴらに劇場公開は出来ないよなぁ。とりあえず、観れただけで良しとします。

マリファナ常習者のデールが、売人のソールからレアな高級マリファナ“パイナップル・エクスプレス”を購入。仕事の関係で、ある売人の元締め宅へ向かったところ、そこで殺人事件を目撃。あわてて逃げたものの、現場に捨てた”パイナップル・エクスプレス”から足がついてしまい命を狙われ始め...というオハナシ。

主人公デールは、脚本も書いてるセス・ローゲン。逃避行の相棒となる売人ソール役は男前俳優、ジェイムズ・フランコ。とにかく、二人は常時キメてて、命の危機&そこからの逃避行を描いてる割に、ゆるゆる(笑。なんかもう、どこまでもゆるゆる。微妙な会話のズレとか発想の飛躍とか、妙な間とか。もろもろが可笑しい。何より、冒頭にビル・ヘダーが出てくるだけで、“ああ、アパトー組だなぁ...”とワクワクしてしまいます。でもって、やっぱり相変わらずダメ男たちが、自分たちのダメっぷりを認識しつつ大いにじたばたして、そして“オトコの友情って大事だよな!”な落としどころ。なんかもう偉大なるマンネリズム(良い意味で)...。個人的には、後半のアクション部分が冗長でしたが*1
あ、デールが逃げてる時に一番に気遣って、すごく大切にしてた女子高生の彼女アンジーとの電話のクダリが異様に良かった。たった2文字のコトバで! ほんと、ダメ男...(笑! ああいう、一瞬でトーンダウンする空気感とか表情とか、セスは上手いなぁ。しみじみ。加えて、ジェイムズ・フランコがとにかくキュートで。良い俳優さんだなぁ。やっぱり『スパイダーマン』のイメージが強い人かとは思うのですが、もともと(?)、ジャド・アパトー製作のテレビドラマ『フリークス学園』でセスとも共演してたんですね。私は『フリークス学園』未見なので、尚更、観たいなぁという気持ちが強くなりました...が、日本ではDVD未発売...(涙)。日テレ系CSでの再放送を待つしか無いのか...*2


あとは、「Vanity Fair」のコメディ(パロディ?)特集、見たい。アパトー組も多数出てます。

*1:アメリカ公開時にも、やっぱりそういう評はあったみたい。単に客層の拡大を狙ったのか、”ドンパチさえあればOK!”な人たちをおちょくるネタの一環だったのか...ハテサテ

*2:動画サイトにいくつかあるのは知ってるんですけど、やっぱりちゃんと観たいなぁ...