日々の泡立ち

泡立っては消えていく言葉の置き場。

袋小路


「知るか、バカー!」


…と、意味も無く、無闇矢鱈に叫びたい気分。
やさぐれの境地。